Written in Japanese

ALL ABOUT 光速船/Vectrex

光速船・Vectrexについて
2006/07/22

世界の光速船・Vectrex
2006/07/22

コラム
2006/07/22

ソフト・周辺機器レビュー
2006/07/22

ZEKTOR ZVGレビュー
2006/07/22

ZEKTOR ZVGレビュー番外編:カラーモニタ編
2006/09/18

関連リンク集
2006/07/22

当サイトの趣旨
2005/07/29

光速船/Vectrex三種類勢揃い



1983年7月27日、奇しくも「任天堂ファミリーコンピュータ(以降ファミコンと略)」の発売と同年同月(ファミコンは7月15日)のその時、玩具店に突然異形なゲーム機が展示・販売された。

その名はバンダイ「コンピュータビジョン・光速船」、真っ黒な筐体に9インチモニタを縦置きで内蔵、かつ据え置きで本体に収納可能なコントローラ内蔵という先進的過ぎたデザインといい、「ベクタースキャン方式」という洋物アーケードゲームでしか見なかった特殊な表示方式といい、その全ては色んな意味で圧倒的だった。

もっとも一番圧倒的だったのは「定価54,800円」という高価格だが。ちなみにファミコンは「定価14,800円」である。

他のゲーム機と比べて圧倒的な高性能と良質なソフトを揃え、その後一大ムーブメントを起こす「ファミコン」の陰に隠れ、そして何時の間にかその他大勢のゲーム機と同様に消えていった「光速船」。

「ベクタースキャン方式」を採用した世界唯一無二のコンシューマ向けゲーム機こと「コンピュータビジョン・光速船」、その特徴と残されているリソース、及び当時の熱気を少しにでも形に出来れば…、という訳でこのサイトは「光速船」に魅せられ、かつ未だに魂を奪われつづけている著者が知る限りの情報を日本語で配布するというのが目的である。

最近の更新履歴

著者メインサイト:「煩悩倶楽部onWeb」(http://bonkura.takuranke.com)

Google
WWW を検索 vectrex.takuranke.com を検索